« ずらり提燈 | メイン | 照明 »

2010年1月10日 (日)

閉ざされた小さな町工場

11420002
photographer : uzuraman
OLYMPUS μ[mju:] ZOOM panorama
OLYMPUS LENS 35-70mm 1:4.5-6.9
FUJI SP400
NORITSU KOKI (shop scanning)
2009.12.21
Kadoma city, Osaka, JAPAN

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/463925/22877011

閉ざされた小さな町工場を参照しているブログ:

コメント

▲μ[mju:] ZOOM panoramaでの初めての投稿です。

 錆びたトタンの波板の小さい二階建ての建物。入口の緑のテントも破れて今は骨だけになっています。
 以前は中からカランカランと弾み車の音が聞こえてきていたように思います。おそらく小型のプレス機があって部品を作る町工場だったと。しかし、一年ぐらい前からでしょうか。入口や窓は養生用の合板で塞がれてしまい、人の気配もなくなりました。建物ももはや再利用できるようなものではなく…。このまま朽ち果てるしかないのでしょうか。

トタン作りの小さな町工場。
良い雰囲気ですね。

しかし、閉鎖となると寂しいです。
日本の成長に寄与した工場のはず。

うちの近くの歯車工場はどうなるのかな。
あ、もう1軒小さい町工場があったな。

我が町でも見かけるようになってきました。
寂しい反面ネタにはいい感じでなんか難しいですね。

▼あにゃもさん
 日本の成長に寄与した、そうでしょうね〜。右の道を挟んで某電器メーカーの大きな本社がありますので、その関係の仕事をしていたのかな?


▼kimiさん
 複雑な気持ちになりますね。
 僕は本格的に写真を撮り始めてから、みてオモロいもの以外に、「さびれ&つぶれ」をひとつのテーマにして撮っています。世の中上向きのときは気にならないんですが、こう景気が悪くなってくると、ちょっと撮ってて気分が沈むことがあります。

コメントを投稿